製品紹介 - 粗粒処理装置

【ナノテク事業】

粗粒処理装置-NVR-PD20-0600

今まで弊社では、ナノオーダーの処理を目的とする装置の開発に注力してきました。
NVR-PD20-0600は300 μm以下の粗粒を数十 μmオーダーまで処理する事が可能で、数十 μmでの分散製品や、ビーズミルやメディアレス装置への投入前処理等に、十分な威力を発揮します。
原理は、せん断力を利用した製品で、液体中に高速ジェット流を作る事で、液中に乱流を起こし処理をする事で、弊社の得意技術であるコンタミを押さえた処理を実現しました。

粗粒処理装置01
運転方式

基本方式:インバータ制御によるポンプ回転数可変型圧力制御
制御方式:全手動運転(ポンプ回転数設定はインバータ周波数調整)

仕様

処理圧力
20 MPa(Max.)
処理流量
水換算600 L/Hr(Max.760 L/Hr)
※ノズル仕様による
使用圧力範囲
~20 MPa
使用流体(懸濁液)
有機物懸濁液(弊社にて実験実施済み懸濁液に限る)
流体粘度
1,000 CP以下
流体温度
投入温度50 ℃以下
固体硬度
Hv 1,000以下
固体粒径
300μm以下
(固形分最大凝集粒径、実験通過液は除く)
固体含有率
15 wt.%以下
洗浄温度
50 ℃以下
洗浄流体
純水及び洗浄液(使用材の腐食無き物)
周囲温度
10~35 ℃
保管温度
0~40 ℃
電源
3相 AC 200 V 60 Hz
消費電力
12 kVA Max.(40A:推奨)
粗粒処理装置設置寸法図
粗粒処理装置02 粗粒処理装置03
M・E・T・S事業
M・E・T・S事業 販売からサポートまでトータルプロデュース
M・E・T・S事業 販売からサポートまでトータルプロデュース
ページトップへ