製品紹介 - マイクロリアクタ

【ナノテク事業】

マイクロリアクタ

ラボ機のNVL-ED015を利用しマイクロリアクタを提供しています。
2液での反応をμ域で混合反応させる(酸・アルカリの中和反応や、貧溶媒析出等)マイクロリアクタとして使用出来ます。
今までのマイクロリアクタは圧力(流速)が出せない為、流速が上げられません。そのため、反応が早い場合粒径が小さくならない、粘度があると粒径が小さくならない等の問題がありましたが、弊社マイクロリアクタ技術ではナノオーダーの処理が可能となります。

マイクロリアクタ
運転方式

基本方式:インバータ制御によるポンプ回転数可変型圧力制御
制御方式:全手動運転(ポンプ回転数設定はインバータ周波数調整)

仕様

処理圧力
50 MPa(Max.)
処理流量
水換算20 L/Hr(Max.28 L/Hr)
※処理圧力による
使用圧力範囲
~50 MPa
使用流体(懸濁液)
有機物懸濁液(弊社にて実験実施済み懸濁液に限る)
流体粘度
1,000 CP以下
流体温度
投入温度50 ℃以下
洗浄温度
50 ℃以下
洗浄流体
純水及び洗浄液(使用材の腐食無き物)
周囲温度
10~35 ℃
保管温度
0~40 ℃
電源
3相 AC 200 V 50/60 Hz
消費電力
6 kVA Max.(30A:推奨)
NV MRノズル
M・E・T・S事業
M・E・T・S事業 販売からサポートまでトータルプロデュース
M・E・T・S事業 販売からサポートまでトータルプロデュース
ページトップへ